転職しようする人へのアドバイス

このまえの転職、どちらかと言えば失敗かな、前の会社の給料はまあまあだったが、転職した会社の給料は以前と比べて少々下がった。給料のことでは不満が出た、やはり、一ヶ月の収入は少しでも多い方が良いに決まっている。部屋代、光熱費、飲食代、衣服にかかるお金も結構な金額になる。当然に収入が減ると何かしらを削ることになる、給料は減っては困るものなのである。しかし、現実は厳しく、簡単には転職先では収入アップは望めそうにないことになってしまった。これではいかんのでどうにかしないと、と言うことで、また、転職を考えてしまった。すぐに次の会社を探す羽目になって、もう大変。転職しても生活をどうするかをよく考えないと失敗しましたではすまないことになる。次の会社がすぐに見つかればいいが、そうでないと、失業保険のみの苦しい生活を余儀なくされてしまう、これから転職しようする人、収入面に気をつけましょう。なお、失業保険についての手続きについては、ハローワークインターネットサービスの「雇用保険の具体的な手続き」をご参照下さい。

転職のイメージは良い?悪い?

20代後半に差し掛かると、転職を考える方も多いのではないかと思います。人間関係や、そもそも仕事が自分に合わないなと感じたり、理由は様々だと思います。以前は会社を転々とすることは忍耐力のなさだなどと、マイナスイメージも多かった転職。しかし、果たしてそうなのでしょうか?若いうちの様々な職経験は、後に糧となり、プラスに働く可能性の方が多いように思います。最も、仕事も覚えないうちに職を変えるのは考えものですが・・。色んな立場で物事を考えたり、機転を利かせるにはやはり経験がモノを言う気がします。人生は一度きりですが、仕事は星の数ほどあります。転職に二の足を踏む人も多いかもしれませんが、広い視野を持つ意味でも、前向きに考えたいものです。

社員研修で旅行に行く意味

つい先日、近くの有名な不動産の店の前を通ると、張り紙がしてあり、3日間ほど社員研修旅行で休業しますとかいてありました。まあ、私が昔働いていた会社でも社員旅行がありましたが、あれって何の意味があるんでしょうかね。上司と部下の交友関係を深めるためでしょうか。でも、研修なら、一定期間でパパッと済ませることもできますよね。会社をわざわざ休業にしてまで行うことなのでしょうか。その分、営業利益が損していると思ってしまいました。よく、旅行先の夕食で「今夜は無礼講だ」なんていっておきながら、結局、酔った勢いでもめ事になったりしていますよね。無理に取り繕って、上司にぺこぺこするのも疲れるますしね。上司にとっても、部下にとってもあまり良い機会でないような…。そう思うのは私だけでしょうかね。研修の成果をぜひ見たい物です。

サイトメニュー